<< 納涼慰労昼食会 | main | 園芸日誌 柿の収穫 >>
秋の園芸日誌 除草

以前の記事にも書きましたが、雑草に業を煮やし、

気分的に余裕ができた時に一気にやることにしました。

枯れてきた雑草もあるのでほっとけば無くなるでしょうけど、

なにしろ、イノコヅチと思われるやつが大量に種をつけていて

来年がさらに恐ろしいので、いまのうちに少しでも

減らしておきたいというところなのです。

 

とはいえ、本番撮影期間なので、いつもの1人ではなく、

撮影総出で行いました。(とはいえ、3人ですが)

9月末にやる予定が雨が降りまくって、10月に食い込んでしまいました。

 

 

今回は同時に写真を並べてみました。

盛大にぼうぼうだったので、変化が顕著ですね。

 

 

一時期枯れかかっていた、植え込みの植木がぼうぼうになりつつあります。

これも剪定しないとなのですが、来年ですかね。

そこまでの余裕は今はない。植木屋を呼ぶ余裕も無いらしいし。

 

 

排水溝まできれいにしてくれました。

 

 

こちらは、裾を散髪しました。

また伸びることでしょう。

 

 

こちらはあえて、背の高い雑草を重点にざっくりととりました。

細かい作業ではないし、人数も多いので、1時間くらいで終わるかと思いましたが、

2時間たっぷりかかりました。

袋も3袋。またこれもいつでもだせるわけではないので、面倒の種なのですが。

 

これを書いているのは、10月14日ですが、除草をしたのは10月4日。

この柿もその時点のものです。

そろそろ収穫時期ですかね?

いつ採ったらいいのか毎年悩みどころです。

今年は個数が少ないのですが、枝をばっさり切ったせいか、

にょきにょき枝ばかり伸びて、隣りにまで伸びてしまうのも悩みどころ。

枯れ葉が落ちるそうです。

剪定は年1回にしたいのですけどね。

枝ごと収穫していくのも手ですかね。

 

と、すでにオンエアが始まっているアニメ会社とは思えないブログでした。

半分ほどはすでに終わっている余裕があるものの、残りの話数の時間には

火が着きつつあります。

それに、イレギュラーの作業も発生してしまいました…

 

でも、生き物は待ってくれないのです。

|さいとう女史:撮影 | comments(0) | -