<< シバザクラが咲きました | main |
さつきが見頃です

街路樹でも長く楽しませてくれる、さつき、つつじ。

さつきが終わるころ、つつじが咲き始めます。

 

会社のつばきの木の根元にあるのもさつきのようで、

いまが見頃となっていますが、咲くのが遅いので、今年はもうだめか、だめかと

思っていると咲いてくれます。

なぜか、つばきの周りの植え込みが元気がよく、

 

両端のさつきがどんどん枯れ込んでいくのですが、花はつけてくれました。

 

 

つつじ科の木は、丈夫なのが売りで、だからこそ、街路樹にもよく使われるわけなのですが、

どうも枯れこむのは水不足なのだとか…

こまめに水をやったら、復活してくれるでしょうか。

 

 

対面の植え込みは、どくだみが花盛り。

こうなるとどくだみもきれいなのですけどね。

相変わらずアイビーと居を競り合っています。

 

全く見えませんが、こちらに、ギボウシも植え込んでみました。

どくだみ、アイビーの勢いにどこまで対抗できるかわかりませんが、

様子をみたいと思います。

こちらは緑のコーナーになりつつありますね…

 

 

4月の時点で実は再生していたようなのを6月になって気がついたのですが、

シバザクラと同時期に植えていた、この植物がなんと再生していました。

 

まっちゃ色になっていたので、もう死んじゃったかなと諦めていたのですが、

新しく葉が出ていました。

冬越えするときに枯れてしまう花なのかもしれません。

 

せっかくなので、調べてみると「ハマカンザシ」

別名「アルメリア」や「マツバカンザシ」というもののようです。

シバザクラと一緒に大きくなってほしいです。

 

|- | comments(0) | trackbacks(0)









http://mscblog.msc-jp.biz/trackback/634