<< twitterのアカウントロックについて | main |
twitterのアカウントロックその後

前回、うっかりTwitterのプロフィールに創立年、

1999年6月を入力したところ、年齢制限に触れてしまったようで、

アカウントロックされたことをお知らせしました。

 

Twitterが年齢制限にひっかかって、申請して解除されるまで、数時間から数ヶ月の幅があるのは、

調べてわかりましたが、だいたいの目安として1ヶ月と思っておりました。

 

個人のアカウントであれば、ひたすら待つところですが、

一応、企業のアカウントですし、実は5月から担当が変わることになりましたので、

そのままにしておくのも、その自分のうっかりミスを引き継ぐのも

気がひけます。

 

ですので、5月19日に改めて確認し、ロック解除の申請を改めてしようと

したところ、なんと!、アカウントがないことになっているではありませんか。

ロボットのしていることとはいえ、ひどい仕打ちです。

 

こうなったら、仕方ないので、いずれしなければならないと思った、

新規でアカウントを立ち上げることにしました。

 

アカウントがない、ということなので、以前と同じアカウントで

作ってみたところ、あっさり通過してしまいました。

 

残念ながら、今まで順調に伸びてきたフォロワーさんは全く0となってしまい、

私が地道につぶやいてきたものも真っ新になってしまいましたが、

ちょうど担当が変わるタイミングですし、ちょうどいいのかなと

前向きに思うことにしました。

 

ただ、フォローしていただいた、皆様には、大変申し訳ないことを

してしまいました。

この場をお借りして、お詫びいたします。

 

もし、よろしければ、またフォローをし直していただけると嬉しいです。

ただ、今度の担当は、いまは忙しく、運営がどこまで行き届くかは

わかりませんが、長い目でみていただければ幸いです。

 

@msc_jp

 

また、そういうわけで、さらっと書き流してしまいましたが、

こちらのブログの執筆と、ツイッター等、SNSの発信は、5月より担当が

変わることになりました。

 

ので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

|社内日常 | comments(1) | -
昔、あなたの会社でアニメーターをやっておりました
上下関係が厳しく、挨拶しても返事は無し
歓迎会という理屈の沖縄旅行でも仲間外し
デッサン帳や動画を勝手に漁られそのまま棚に投げ込む子持ちのおばさん
酷かったです
| 匿名 | 2020/09/26 2:47 AM |